つらい更年期障害の症状はクリニックで早期治療!

HOME » 更年期障害の治療法とは

更年期障害の治療法とは

更年期障害の治療の方法についてまとめたカテゴリーです。

更年期障害を改善する治療方法の種類について

更年期障害を治療する方法には、たくさんの種類があります。
一般的に中心となっているのはホルモン補充療法と呼ばれる治療法ですが、他にもさまざまな種類があり、更年期の症状に効果を発揮しています。

このカテゴリでは、その治療法の種類として、5つを詳しくご紹介します。

1.運動療法

有酸素運動でゆっくりと長時間にわたり体を動かすことで、無理なく筋肉を鍛えることができます。また、ストレスの発散や食欲の向上といったメリットもあります。

2.栄養療法

日々の食事により、足りない栄養素を補って更年期の症状を改善しようという治療法。クリニック処方のサプリメントで手軽に栄養を摂りいれられるので、副作用がないうえ薬と同様の効果があるなど、魅力的な治療法です。

3.ホルモン補充療法

閉経前後に不足する女性ホルモン(エストロゲン)を、薬によって補充する治療方法。更年期障害の一般的な治療法として有名ですが、最近では副作用を気にする方は避けることもあります。

4.プラセンタ療法

プラセンタエキスを体内に摂り入れることで、若々しい体作りを行います。女性ホルモンの乱れを整える効果もあり、不安やイライラにも効果的です。

5.抗うつ剤

うつに似た症状が含まれる更年期障害には、抗うつ剤の治療法もあります。中~重症の精神的な症状にはホルモン補充療法よりも抗うつ剤を処方される場合が多いそうです。

それぞれのメリットや副作用などをきちんと把握したうえで、「ここは栄養療法をしてくれる」「ここはホルモン補充療法しかない」というふうにクリニックを選んでいくと、満足のいく治療を受ける事ができます。