つらい更年期障害の症状はクリニックで早期治療!

HOME » 更年期障害の治療前に知っておきたいこと » さまざまな種類

さまざまな種類

若年性更年期や男性の更年期について調査し、まとめたページです。

若年性更年期や男性の更年期など、種類はさまざま

更年期障害というと、40代50代以降の女性特有の病気のように思われがちですが、実際には若い人や男性にも起こる可能性がある病気です。
ここでは、若年性更年期と男性の更年期について、詳しくご紹介します。

若年性更年期障害について

若年性更年期障害というのは、一般的な更年期障害の多い閉経前後の女性ではなく、20代や30代といった若い年齢の方が、一般的な更年期障害と似た症状を起こしてしまう病気です。

若年性更年期障害の原因として考えられるのは、やはりホルモンバランスの乱れになります。

女性ホルモンが乱れることで自律神経にも乱れが生じ、結果的に一般的な更年期障害と同じような症状が引き起こされるのです。

20代30代は、仕事やプライベートなどでも無理をしやすく、ストレスも溜め込みやすい世代です。

そのため体や心への負担も大きく、最近は若い年齢での更年期障害が起こりやすくなっていると言います。

「なんだか体の様子がおかしいな」と感じたら、まずはセルフチェックを。

  • 動悸や息切れを感じる
  • 小さなことでイライラしてしまう
  • 汗をかきやすくなった
  • 肩こりや腰痛がある
  • 手足が冷えやすい
  • 月経不順が続いている
  • 寝つきが悪い、寝ても眠りが浅い
  • 顔がほてる

このような症状をいくつも自覚しているようなら、婦人科などのクリニックで病状をチェックしてもらいましょう。

男性の更年期障害について

更年期障害と言えば、女性がなるものだと思っている方が多いと思いますが、実は男性にも更年期障害があります。

とはいえ、閉経がないためハッキリとした体の変化が少なく、さらに個人差により症状の程度が大きく変わるため、男性においては更年期障害という判断がしにくい点もあります。

男性の更年期障害は、加齢による男性ホルモンの低下が原因だと言われています。
また、肥満や運動不足、仕事のストレスなども関わってくるようです。

男性ホルモンが低下すると、意欲や集中力が弱くなり、さらに排尿機能や筋肉も衰えてきます。

他にも、不安や不眠、あせり、倦怠感などが現れるといいます。

男性でもこのような症状が現れたら、更年期障害を疑ってみてはいかがでしょうか。